中国・寧波市で爆発!原因はテロか?死傷者多数で大規模な被害が

スポンサーリンク

どうもジローです。

11月26日早朝、中国浙江省の寧波(ニンポー)大規模な爆発があり、少なくとも死者2名、負傷者30名が病院に搬送されました。

地元当局の国営メディアが伝えたところによると、周辺の建物数棟が倒壊したり、車両が破壊されたりする被害も出ているということです。
また、地元のテレビではヘルメットをかぶった複数の男性が現場から負傷者を運び出す様子も放映されたということです。

爆発が起きた寧波の地元警察は、爆発の原因の調査がすでに開始されたと公開していますが、原因は果たして何なのでしょうか?

今回の爆発事件について、詳しい場所、テロの関与、町の治安等調べてまとめてみました。

中国寧波の爆発場所は?

爆発発生場所の寧波(ニンポー)ですが、中国浙江省の東部に位置しています。

上図の黄色の場所が浙江省内の寧波の場所になります。

人口760万人程で、沿海部の港湾都市として商工業が発達しています。
また、古い歴史を誇り、歴史文化名城に指定されており、 唐・宋から海外貿易で栄え、早くから日本との往来を行っていました。

現在、日本の京都府長岡京市と友好都市、島根県益田市と長野県上田市と友好交流都市を結んでいます。

かなり経済的に発展した都市であることが画像からもわかります。
また、海上橋としては世界一の全長を誇る杭州湾海上大橋があります。

スポンサーリンク

治安やテロの関与は?

日本人の方も多く在住しており、寧波は治安的に見ると悪くないようです。

今回の爆発がテロによるものなのかどうかはまだわからないようです。
詳しい原因解明が待たれます。

2017年6月15日には、江蘇省の豊県の幼稚園で手製の手榴弾を使った爆発事件が発生し、多数の死傷者が出ました。

同じような爆発事件は過去にも多数起こっており、中国国内が持つ問題が浮き彫りになってきますね。
隣の国でそんなことが起こっていると思うと恐ろしいものです。

もっとも経済は日本とは対象的にどんどん成長していますから、その点は日本政府も大いに見習ってほしいものです、、、
正直今の増税、緊縮主義を貫こうとする姿勢には呆れ果てますね。

まとめ

どのような原因で発生したかはわかりませんが、日本でも起こらないとは全く言えません。

北朝鮮の問題もありますし、常に危機意識は持っておく必要があると思います。

常日頃から、緊急時に備えてどのような行動をすべきか良く考えて訓練しておくが非常に重要になると思います。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする