山尾志桜里ガソリン代問題のその後は?ダブルスタンダードのお手本

スポンサーリンク

どうもジローです。

なにやらガソリーヌこと山尾志桜里氏が不倫疑惑で騒がれていますね。

一度は決まっていた民進党幹事長の座も失われてしまい、党内人事にも影響したと思われても仕方ないですね。

今日はそんな山尾志桜里氏についての記事です。

山尾氏と言えば、やはりガソリンプリカ代金不正利用問題です。

マスコミは全く触れなくなりましたが、この問題全く解決されていません。

ガソリンプリカ問題の本当の問題

山尾氏のガソリン代問題、何が問題なのでしょうか。

表面上の問題は、山尾氏の元公設第一秘書(会計責任者)がガソリンスタンドの不要レシート入れの中から他人が捨てたレシートをかき集め、そのレシートを事務所へガソリン代として提出し精算していたことです。

これは元秘書が認めている事実で当然とんでもない不正です。

一応不正した代金の217万円は返還されていますが、山尾氏側は「返還してくれたから刑事告訴はしません。」と言っています。

ハァ???ちょっと何言ってるかわからない。

返せば良いという話ではないことは誰でもわかります。

しかし、問題はそれだけでは終わりません。

山尾氏はこの元秘書の管理監督者であります。

まともな神経をした国会議員であれば、自分の秘書がこのような問題を起こした場合、謝罪をして議員辞職することでしょう。

政治資金規正法 第25条2項

政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠ったときは、五十万円以下の罰金に処する。

山尾氏は完全にこれに当てはまります。

そして、この問題の本当の問題はこのことなのです。

民進党愛知県7区支部の代表者である山尾志桜里氏は、会計責任者であった元秘書の選任及び監督について相当の注意を怠った以外のなにものでもありません。

罰金は無論のこと、責任をとって議員辞職することは当然のことでしょう。

であるにも関わらず、なにごともなかったかのように自由に活動しており、あげく不倫疑惑。

責任なき自由など有り得ません。

山尾氏は今すぐにでも全国放送でしっかりと記者会見を行い(一度会見していますが何にも明らかになっていません)、議員辞職すべきと考えます。

スポンサーリンク

山尾氏がダブルスタンダードである理由

甘利明前大臣も同時期に秘書のお金の問題で大臣を辞任しています。

甘利氏は会見の中で次のように述べています。

「たとえ私自身は全く関与していなかった、あるいは知らなかった、従って何ら国民に恥じることはしていなくても、私の監督下にある事務所が招いた国民の政治不信を、秘書のせいと責任転嫁するようなことはできません。それは私の政治家としての、生き様に反します。 」

別に甘利氏を擁護する気はありませんが、政治家として国会議員としてしっかりと責任をとられたと思います。

それに比べて山尾氏、、、

甘利前大臣のスキャンダルについて、山尾氏は次のように述べています。

「秘書がこのような不正を行っていた場合、議員は知っていたのではないか、指示をしていたのではないか、承諾黙認していたのではないかと考える。」

「秘書のやったことについて、本人の責任が免れるわけではない。」

「秘書の責任にするのは通らない。」

………

どの口が言うとんじゃ、アホンダラ。

まさにダブルスタンダードのお手本と言えるこの体たらく。

山尾氏が国会議員を続けることは、彼女を選んで投票した有権者の方々を愚弄し、辱めていることにほかなりません。

私がもし山尾氏に投票していたとしたら(現実には有り得ませんが)、絶対に恥ずかしくて我慢できません。

まとめ

不倫疑惑で再度マスコミに注目されている山尾氏。

不倫もいけませんが、とにかく国会議員は早急に辞めてもらいたい。

それが彼女の国会議員としての最低限の責任を果たすことになるでしょう。

それでは!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする