【都議会議員選挙2017】日本維新の会の公認候補者!足立康史も応援演説

スポンサーリンク

どうもジローです。

2017年東京都議会議員選挙では小池都知事の「都民ファーストの会」が大きく注目されていますが、今日は「日本維新の会」に注目してみようと思います。

【都議会議員選挙2017】日本維新の会

日本維新の会」といえば、やはり大阪のイメージが強いと思いますが、東京都議会にも候補者をたてて都政の改革を進めていこうとしています。

国会野党の中では与党の足を引っ張ることばかりに注力する他の野党と比べて、建設的で身のある議論を展開しており、私個人の意見としては唯一まともな野党であると認識しています。

そんな政党なだけに都政においてもぜひとも頑張ってもらいたいものです。

現状では都議選に向けて6名の公認候補を立てています。
(現職の柳ケ瀬裕文氏、新人4人、元職1人)

日本維新の会の公認候補者

選挙区 候補者
中央区 神谷俊宏
大田区 柳ヶ瀬裕文
世田谷区 稗島進
練馬区 山田一義
足立区 鈴木勝博
町田 海老沢由紀 

当初は日本維新の会の候補者は9名いましたが、情勢が厳しくなったということで6名に絞られたようです。

彼ら6名については東京維新の会のHPで詳しく調べることができます。
HPはこちらです。

スポンサーリンク

足立康史議員の応援演説

足立康史衆院議員が足立区で鈴木勝博氏の応援演説を行いました。

国会でも大人気(?)の足立節をここでもいかんなく発揮されております。

是非、下の動画をご覧下さい。

やはりこういうハッキリ物を言う方は聞いていて気持ちが良いですね。

どうやら共産党の方(?)が来られていたようで、若干気を使われていましたが、民進党のことはやっぱりボロカスに言うてくれてます。

この時は小池都知事についてはあまり言及されませんでしたが、小池都知事についても様々なところで批判しています。

小池都知事は築地市場の豊洲移転を独断で延期して、いつまでも結論を出さずにいます。
選挙結果への影響を考えていることが見え見えです。

うーん、まさに選挙ファーストの会。。。

科学的な根拠から安全性は担保できており、さっさと豊洲に移すべきなのにいつまでも結論を出さず、あげく築地の改修なんてことまで言い出していますし、何言ってんの?って思います。

築地改修なんて莫大な費用がかかる上、6000億かけた豊洲市場どうすんの?って話です。

まだまだ小池人気は高いですが、正直東京の方達もそろそろ小池都知事について色々とわかってきたのではないでしょうか?

また、ご存知の方も多いと思いますが、都民ファーストの会は隠れ民進党員とでも言いますか、ガタガタの泥舟民進党を捨てて移ってきた方達が大勢いますので注意すべきです。

まとめ

日本維新の党ははたして都議会の6議席をしっかり取ることはできるでしょうか?

是非、都政でも頑張ってもらいたいものです。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする