【都議会議員選挙2017】小池新党都民ファーストの会の公認候補予定者発表

スポンサーリンク

都議会議員選挙2017

どうもジローです。

2017年東京都議会議員選挙が近づいてきました。

今回の選挙で都議会の議席はどのように変化するでしょうか?

現時点では小池都知事率いる「都民ファーストの会」が一気に議席数を伸ばすのではないかという予想が非常に強まっています。

現在の都民ファーストの会の都議会での議席数はとなっていますが、現状では各党の中で一番強い存在感を示していると思いますし、大きく議席を伸ばすのは間違いないでしょう。

今日はそんな「都民ファーストの会」の公認候補者について現時点でわかっていることをまとめます。

小池新党「都民ファーストの会」公認候補予定者

選挙区 候補者
千代田区 樋口高顕
港区 入江伸子
文京区 増子博樹
台東区 保坂まさひろ
品川区 山内晃
目黒区 伊藤悠
大田区 森愛
杉並区 茜ケ久保嘉代子
豊島区 本橋弘隆
北区 おときた駿
板橋区 平慶翔
練馬区 松村一希
尾島紘平
足立区 馬場信男 
葛飾区 米川大二郎
江戸川区 上田令子 
田之上郁子
八王子 両角みのる
小金井 木村もとなり
小平 佐野いくお
西多摩 清水康子
北多摩第一 関野たかなり
北多摩第四 細谷祥子
島部 山下崇

現状わかっているのは上記の候補者ですが、これから他の選挙区でもどんどん候補者が増えてくるはずです。

なんでも全選挙区で70名以上の候補者を立てる予定ということですので、議会の過半数を都民ファーストの会が占めることも予想されます。

現状、自民党が57の議席を持っていますが離党者が次々と出ており、おそらく大幅に議席を減らすことは確実でしょう。

今回の選挙は、都民ファーストの会と自民党都議団、都連の戦いということになりそうですから、勢いを増す都民ファーストの会に対して自民党がどのような対策を打ってくるか非常に気になります。

一部には衆院解散というような話も出ていますから非常に気になるところです。

まとめ

はたして都民ファーストの会はどこまで議席を伸ばすのでしょうか?

小池旋風の勢いはまだまだ衰えそうにありません。

それに対する自民党の動きも大変気になるところです。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする