【ベトナム女児リンちゃん殺人事件】渋谷恭正再逮捕!極刑!死刑!の声

スポンサーリンク

どうもジローです。

千葉県松戸市のベトナム国籍女児リンちゃんの殺人・死体遺棄事件で、千葉県警は5日午前、元保護者会会長の渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)を殺人、強制わいせつ致死、わいせつ目的誘拐の疑いで再逮捕しました。

渋谷容疑者は死体遺棄容疑で逮捕された先月14日以降、依然として黙秘を続けているようです。

いや、黙秘してるってことはもう、、、、そういうことでしょ。

この渋谷容疑者再逮捕のニュースを見た皆さんの声はどのようなものなのでしょうか。

死刑を!極刑を!の声が多数

上のコメントを見れば明らかですが、今回の極めて残忍かつ身勝手な行為に対して、極刑死刑を求める声ばかりでした。

リンちゃんの父親のレェ・アイン・ハオさん(34)も犯人に対して、

「許すことができない。極刑を望む。」

というコメントをしており、やはり極刑を希望されていました。

今回の事件でリンちゃんとその家族のみならず、ベトナム国民の方々へも大変ツライ思いをさせてしまったこと、迷惑をかけてしまったことに対して日本人として大変申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ベトナムと言えば東日本大震災の時も多額の寄付金等で大変な支援を頂いており、親日国として広く知られていますが、今回の事件でその関係に大きなキズを入れてしまったのではないかと心配していますし、そのようなコメントも見られました。

国の関係ばかり言う気はありませんが、本当に多くの人の心を傷つけた今回の事件は許されるものではなく、私も犯人は極刑で然るべきという思いです。

スポンサーリンク

余罪はあるのか

現在、渋谷容疑者は捜査本部の調べに対し「供述を拒否します。」と黙秘を続けています。

余罪があるかどうかはこれからの捜査にかかっていますが、だんまりを決め込むということ自体、自分にとって何か都合の悪いことを隠していることに他ならないのではないでしょうか。

あらいざらい全部吐いてもらわなければなりません。

捜査関係者の方にはうまく容疑者の発言を引き出してもらいたいものです。

また、容疑者に心身喪失状態などと寝言を言わさないように、責任能力があったことをしっかりと立証してもらいたいですね。

減刑する余地などないでしょう。

まとめ

本当にこの事件はニュースで見るたびに胸くそ悪くなりますね。

容疑者には早く真相を語ってもらいたいですし、一日も早い事件の解明を願っています。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする