客観的に見ること、絶対化すること

スポンサーリンク

今日は物事の見方、考え方についてのお話です。

自分を絶対化している!?

私は嫁と結婚して五年目になるのですが、職場の既婚の人や
プライベートの仲間からケンカしたりしないのかと聞かれます。

結婚してから大ケンカになったことはありませんし、
日々小さなケンカになるようなこともほとんどないことを伝えると
けっこう驚かれることが多いです。

逆にそんなにケンカしてるのかと聞くと、けっこうしてるという話が
割とたくさん返ってきます(汗)
私からすれば「何にそんなにケンカすることがあるの?」って感じですが、
パートナーに対して不満を抱えていること人が多いこと。。。

話を聞いていて、ケンカを良くするとか言い争いになる、不満を愚痴る
人達に共通していることを見つけました。

それは、「自分を客観的に見ておらず、無意識のうちに自分を
絶対化してしまっていること」です。

夫婦なので、基本的に何でもお互いに言い合える仲だと思いますが、
何でも言えばいいってわけではないですよね。

夫婦に限らずですが、ケンカってお互いに怒りや不満の感情をぶつけ合っている状態です。
怒りをぶつけるとか怒る時っていうのは自分の一方的な感情を
相手に押し付けてることがほとんどです。
そして、たいてい相手のことが正しく理解できていないと思います。

けれどもその事に気付けないのは客観的に自分が見えていないからで、
大なり小なり自分のことを絶対化してしまい、自分の意見は間違って
いないと思いこんでいる為だと思います。
そうなっていると、相手のことも自分のことも正しく認識出来なくなって
しまいます。

人は大なり小なり自分を絶対化してしまう傾向にありますが、(私もよくなります)
自分を絶対化してしまっていることにいかに早く気付いて
考えを修正するかが非常に重要だと思います。

スポンサーリンク

「言いたいこと」と「言うべきこと」

おそらくケンカをよくする人、口論になる人というのは
「自分の言いたいこと=言うべきこと」と錯覚していることが
多いのだと思います。

「言いたいこと」と「言うべきこと」は違うことが多いものです。
一言でいいのにもう一言、二言余計なことを言ってしまったり、
相手のことを考えた言い方をすればいいのに、乱暴な言い方をしてしまったり、
つまらない意地をはってみたり。
これらは自分の「言いたいこと」ばかり考えている為にそうなると考えられます。

なので自分の言おうとすることは本当にそれで正しいのか常に考え、
自分という人間はしばしば間違ってしまうことが多いものであるという
認識を持つことを習慣化できれば、無用なケンカなどほとんどすることはないと思います。

夫婦に限らず、ケンカや口論をよくしてしまう方はそういうことに
気を付けてもらいたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする